​  Aパネ工法は 断熱性・調湿効果や炭素固定効果に優れた部材「C L T」
「地域でもっと使いやすく」開発された工法です
国産材利用
構造材 兼 仕上げ材として利用できます

意匠性も高く、構造材の片面を現しにして仕上げ材としてご利用頂いています。

スギ材ですので、凛とした表情になります。

≪利用例≫

下仁田町交流防災ステーション

防水対策を講じて、仕上げと構造を兼ねたAパネを室内外で現しに。

六供町集会所計画

Aパネを耐力壁に採用、開口を大きくとることで明るく開放的にに。

東海木材相互市場 事務所・浜問屋棟

金物を見せない工法と構造兼仕上げのAパネで、素材・構造の美しさが前面に。

高い耐力で大空間・大開口を実現できます

≪利用例≫

スズキ&アソシエイツ㈱事務所棟・倉庫棟

事務所は1階と2階を吹抜けで繋ぐことでワンルーム空間とし、倉庫棟は14.5mスパンのトラス組で無柱大空間を実現。

在日大韓基督教会 岐阜教会

最大天井高さ6.5メートル、平面9×9メートルの大空間を持つ木造建築。

稼ぐ家

空調の縦循環のため、Aパネを利用して3層吹き抜け構造を実現。余ったCLT端材は家具へ利用。

提案の差別化を図る一助に

≪利用例≫

✓木のぬくもり

無機質になりがちなクリニックで大開口と木現しを実現し開放的でぬくもりのある待合室に。

竹尾皮ふ科

✓メンテナンス性の改善

壁の穴などが開く可能性のある物件でAパネ採用によりクロス張替の削減も含め施設運営費の抑制に。

NPO法人ほがらか企画 旬菜耕房ほがらか

施工は簡単で、早く、キレイな現場に。

特殊な工具・金物等は必要ありません。

また、構造材兼意匠材利用で工期短縮された、現場がきれい、とのご意見も頂いています。